FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

竹内澄博

Author:竹内澄博
Takeuchi Design Studio 主宰。
京都市在住のグラフィックデザイナーです。ブログをはじめました。

はじめましてー

長年京都に住まいする者です。 機会がなかったと言えばそれまでですが…いつでも行けると前を素通りして訪ねたことがなかった名所旧跡。京都市内や周辺にそんな所が何ヶ所もあることに今さらのように気づいたのです。自分のために京都観光しよう思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東福寺/三門

 
 東福寺_三門 東福寺_三門東福寺_三門 東福寺_三門
普段見ることのできない東福寺の三門の楼上内部が今月の31日まで公開されている。そこでガイドのアルバイトをしている知人からお誘いをもらったので喜んで拝観させて頂いた。
実は東福寺には三ヵ月程前(5月頃)に初めて境内に足を踏み入れた。何故かこれまで一度も機会がなく、拝観終了時間ギリギリにようやく通天橋を渡って開山堂まで行ったのだが、それでタイムアップとなってしまったので、近いうちにゆっくり境内を堪能したいと思っていた。
今回は午後3時前に三門に到着、とても勾配の急な階段を慎重に上がり楼上へ。現在の三門は再三の火災に遭い、約600年前に再建されたものだそうだ。まさにこの度ご縁を戴いたことに感謝感激。天井画や柱の装飾は永年のロウソクで幾分黒く煤けているが、正面宝冠釈迦如来像を中心に十六羅漢像に圧倒される。内部は撮影禁止の為観て頂けないのが残念だ。
三門についての起縁など詳しい説明は他のサイトに譲るとして、特に感心したのは(写真右上)欄干の飾りが<逆蓮柱>と言って蓮が逆さになった造形と欄干の間を支える(写真右下)部材が<握り蓮>と言って蓮の葉が握り込んでいる造形が美しく、またなんとも不思議で楽しいではないか。
そして三門をじっくり堪能して楼上を降りて来たら、またもや拝観時間終了となってしまった。

東福寺_公式サイト/三門 http://www.tofukuji.jp/keidai/sammon.html

| ホーム | 洛北_蓮華寺(上高野) >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。